【40代】ミネラルファンデーション「レイチェルワイン」を使ってみたアラフォーのおすすめポイント口コミレビュー


私が選ぶNo.1!レイチェルワイン

レイチェルワインの魅力

肌馴染みが良くしっとりする

・質感はマットでありつつツヤも出る

      ↓

マットであると同時にしっとりした艶肌になれるミネラルファンデーションをお探しの方におすすめです。


公式サイトはこちら
お得!なトライアルセットはこちら

時短

ミネラルファンデーションは、美肌になりたいアラフォー・40代にとってもおすすめなファンデーションです。

特にルース(粉)タイプのミネラルファンデーションは「肌のくすみ」や「化粧崩れ」に悩む40代にとって救世主的な存在です。

関連記事

お肌のくすみと化粧崩れがミネラルファンデーションで一発解決する理由

中でも、アラフォーの私がおすすめだ!と感じた選りすぐりの5点について、実際に使ってみた感想をレビューしていきたいと思います。

おすすめミネラルファンデーション

レイチェルワイン公式サイト
エトヴォス公式サイト
ヴァントルテ公式サイト
オンリーミネラル公式サイト
トゥヴェール公式サイト

印が今回このページでレビューするミネラルファンデーションです

上記はおすすめランキング順ではありません。

上から私が実際に使ってみた順番に並べています。

5点ともおすすめなのですが、個人的な感想としては、艶肌になれる「レイチェルワイン」が、ミネラルファンデーションの中で一番のお気に入りです。

というわけで。

今回は、レイチェルワインのミネラルファンデーションのトライアルセットを使てみた感想を口コミしたいと思います。


ちなみに、余談になりますが。

固形のミネラルファンデーションはトゥヴェールがとても評判でおすすめになります。^ ^

興味のある方はこちらも参照してみてくださいね。↓
ミネラルパウダリーファンデーション
トゥヴェール公式サイト:持ち運び便利なミネラルファンデーション固形タイプ

レイチェルワインについて

レイチェルワインのトライアルセットは、ミネラルファンデーション初心者(40代)にとてもおすすめです。

まず、どのミネラルファンデーションを購入したら良いのかわからない・・・という方は、とりあえずレイチェルワインのトライアルセットを試してみることをおすすめします。

というのも、レイチェルワインのトライアルセットには以下4つの嬉しいポイントがあるのです。

4つの嬉しいポイント

  • 4,536円のブラシがついてくる
  • ミネラルファンデーションが粉っぽくない
  • 粉を肌に乗せるとしっとりした感じがする
  • 顔色がパッと明るくなるフェイスパウダーがついてくる
  • 選べる肌色が12色もある

トライアルセットについてくる、この本格ブラシ。

単品購入すると、4,536円もする高級ブラシなんです。

毛の部分は大ぶりなのですが、柄が短いので粉を肌にとても馴染ませ易くなっています。

とっても使いやすいですよ。

ミネラルファンデーションの粉を「粉っぽくないように」肌に馴染ませるには多少コツが必要なのですが。

このブラシですと、クルクルとするだけで自然とそのコツが出来た状態となります。

関連記事

ミネラルファンデーションを粉っぽくならず艶やかに仕上げるコツとは

トライアルセットのミネラルファンデーションを使う時は、粉を付属のシャーレに入れて使います。

これがちょっとめんどくさいので、私は粉を別のケースに移して使っております。

これでだいぶ化粧前のひと手間がなくなり便利になりましたよ。

(→後半の「気になる点」の中で詳しく書いていますので最後まで読んでくださいね♪)

レイチェルワインのつけ心地について

レイチェルワインのミネラルファンデーションのつけ心地は「しっとり」しています。

ミネラルファンデーションを肌に乗せた時に感じる「しっとり感」はレイチェルワインとエトヴォスが2強だと感じています。

レイチェルワインはブラシで粉を肌に置いたタイミングでは「粉っぽい」のですが、ブラシでクルクルとするとすぐに馴染み粉っぽさは無くなります。

そして、馴染むと粉っぽいどころか、ツヤを感じるような肌になります。

しかも、長時間つけっぱなしでもその奇麗な艶は残ったままで肌がくすみませんでした。

レイチェルワインのカバー力について

レイチェルワインのミネラルファンデーションは、カバー力が結構あると感じました。

ルース(粉)タイプのミネラルファンデーションは、その色などでお肌のシミや粗を塗りつぶして隠すのではなく、ミネラルに対する光の反射で目立たなくするものがほとんどです。

リキッドファンデやクリームファンデとはカバーの仕方が異なります。

ですので、ひとつひとつのシミなどをじっと見ると隠れていないように見えるかもしれないのですが、顔全体として見るとしっかりとシミが気にならなくなっている・・・というのがミネラルファンデーションの特徴としてあります。

もしも、目立って気になるようなシミがある場合は、無理にミネラルファンデーションで隠そうとするよりは、ミネラルファンデーションと相性の良いコンシーラでポイント的にカバーするのがおすすめです。

関連記事

ミネラルファンデーションと相性の良いコンシーラ発表!

そんな中でも、レイチェルワインのミネラルファンデーションは、お肌の粗をかなり目立たなくしてくれると感じました。

こちら、素の手(Before)とミネラルファンデーションを塗った状態(After)を比較したものです。↓

粉の粒子がともて細かく、粉がピッタリと肌に乗ることで肌がきめ細かく見えることにより、肌がキレイに見えます。

質感はマットですが艶もあります。


ちなみに、レイチェルワインのトライアルセットにはミネラルファンデーションだけでなく「アクセントフェースパウダー」というフェースパウダーも入っています。

このパウダーが秀逸で、私は大好きなのです。

控えめなパール感があるパウダーで、これを塗るとパッと肌色(顔色)が明るくなります。

こちらが、素の手(Before)とミネラルファンデーションとアクセントフェースパウダーを塗った状態(After)を比較したものです。↓


そして、こちらがミネラルファンデーションの後にアクセントフェースパウダーを塗っていないもの(上の写真)と塗ったもの(下の写真)を比較したものです。↓

写真にはキラキラがしっかり写っていますが、目で見るとここまでキラキラは見えませんので、品よく顔色が明るくなります。

マットな質感が好きな方は「アクセントフェースパウダー」無しの方が良いかもしれませんが、そこは完全に好みによって別れるところではあるかと思います。

関連記事

カバー力が高いミネラルファンデーションはこれだ!アラフォー40代向け5種類を比較してみた結果を画像でランキング

レイチェルワインの崩れにくさについて

崩れにくさについてですが、私は朝から晩までレイチェルワインのミネラルファンデーションを1日つけていて「くすみ」や「化粧崩れ」を感じたことはありません。

くすむどころか、長時間つけた後に自分の顔を見て「キレイなツヤがまだ続いてる・・・!」と、かなり嬉しい衝撃を受けたのでした。

この嬉しい衝撃が、アラフォーの私がミネラルファンデーションを大好きになった大きなポイントです。

ちなみに、「化粧崩れ」についてちょっとしたテストをやってみました。

テスト方法

1.ミネラルファンデを黒い革に塗る
2.水を1滴落とす
3.タオルを乗せて水滴を吸い取る
4.自然乾燥させる

結果は以下の通りとなります。


(水を1滴落とす)


(タオルを乗せて水滴を吸い取る)


(自然乾燥させる)

水滴をタオルで吸い取ってすぐのタイミング(2枚目の写真)では、ミネラルファンデーションの色がものすごく落ちているように見えましたが、そういうわけではありませんでした。

完全に乾いた後に見てみると、色はほとんど落ちていないことがわかります。


ちなみに、同じテスト条件で5種類のミネラルファンデーションの結果を比べたところ、レイチェルワインは第3位の崩れにくさでした。

そして、一番崩れにくいと感じたのは「オンリーミネラル」でした。

(※このランキングは私が結果を見て判断したものとなっています。)

他のミネラルファンデーションと比較した結果については以下のページにまとめていますので良ければ読んでみて下さいね。

関連記事

崩れにくいミネラルファンデーションはこれだ!アラフォー40代向け5種類を比較してみた結果を画像でランキング

ちなみに、今回は「黒い革」でテストしましたが、実際の肌ですと皮脂とミネラルファンデーションが馴染んでいますので、より崩れにくく落ちにくい状態となっています。

そう。

ミネラルファンデーションは、肌に乗せてしばらくたってからの方が粉と皮脂とが混ざることにより肌にピッタリと馴染んでお肌がキレイに見えるのです。

ここが、皮脂と混じると「くすみ」「化粧が崩れ」が起きがちな、他のファンデーションと大きく異なる点ですね。

レイチェルワインの全成分について

ミネラルファンデーションの全成分は以下の通りとなります。

ミネラル成分

・マイカ
・酸化チタン
・酸化亜鉛
・酸化鉄
・シリカ

その他の成分

・ラウロイルリシン
・水酸化Al

ちなみに、「ラウロイルリシン」は「しっとり感やなめらかさを与えたり、崩れにくさや撥水性を高めるために用いられる成分」で、「水酸化Al」は「酸化チタンのコーティング剤」です。

基本のミネラル成分の役割については、以下のページを参照いただければと思います。

関連記事

ミネラルファンデーションの成分について


レイチェルワインのミネラルファンデーションは、ミネラルオンリーのミネラルファンデーションではありませんが、比較的シンプルな成分で構成されています。

試しに、手持ちのファンデーションの成分を見てみて下さい。

結構ぎっしりと謎の成分が入っているのではないでしょうか?

(そんなことないファンデーションをすでに選んでいる方もいるとは思いますが。^^;)

とはいえ。

どうしても「ミネラルだけで出来ているミネラルファンデーション」がいいのよ~~と、こだわりがある方は、オンリーミネラルの3種類あるミネラルファンデーションの中でも「オンリーミネラルファンデーション」がミネラルオンリー(ミネラル完全100%)ですので、そちらをおすすめします。

関連記事

ミネラルだけで出来ているミネラルファンデーション「オンリーミネラルファンデーション」

レイチェルワインの紫外線カット効果について

レイチェルワインのミネラルファンデーションはSPF値が「SPF27 PA+++」あります。

これは、日常の普通の外出には充分な数値だといえるのではないでしょうか。

(真夏の炎天下などは厳しいかと思いますが・・・。)

紫外線カット剤として使われているのは「酸化亜鉛・酸化チタン・酸化鉄」です。

これらは「紫外線散乱剤」で「紫外線吸収剤」ではありませんので、乾燥を助長したり刺激を与える懸念がほとんどないという点も嬉しいですね。

レイチェルワインの気になる点

レイチェルワインのミネラルファンデーションに正直不満はありません。

なので、中身ではなくその容器についての気になる点を挙げてみたいと思います。

これは同じことを思っている人が多いと思うのですが。

トライアルセットは粉をシャーレに出して使うので、出し過ぎてしまった場合、使い残しの保存に困ります。

なので、私はシャーレと同じくらいサイズのフェイスパウダーケースにミネラルファンデーションを2色とも混ぜた状態で入れて使っています。


(↑使い込んでいて汚くてすみません・・・。)

蓋にミネラルファンデーションを出してブラシにとれるのでとても便利です。

私はアクセントフェースパウダーも一緒に混ぜ込んで使っています。

こうすると、手軽に顔色が明るく見えるようになるのでお気に入りです。


そして、フェイスブラシもそのままですと持ち運びに困りますので、チャック付きの小さなビニール袋に入れています。

こうした一工夫で、ミネラルファンデーションもブラシも小さいポーチにコンパクトに収まり、忙しい朝でもサッと使えるようになって便利ですよ。^^

この対策をした現在、レイチェルワインのミネラルファンデーションには、なんの不満も無くなりました。

まとめ

というわけで。

レイチェルワインのミネラルファンデーションはアラフォーのお肌を艶肌に見せてくれる点がとても気に入っています。

しっとり感が気持ちよく「カバー力」もそこそこあります。

とにかく、私はレイチェルワインのミネラルファンデーションで仕上がった肌の「質感」がとても好きだと感じました。

が、

そこは好みにもよるかもしれません。

キメの細かい陶器肌がお好みの方は「エトヴォス」。

仕上がりの自然さとバランス良さを重視する方は「オンリーミネラル」が良いと感じるかもしれません。

ミネラルファンデーションと一言でいっても、色んな質感のものがありますので色々と試してみると面白いですよ。

以上、

40代におすすめしたいミネラルファンデーション「レイチェルワイン」のトライアルセットついての感想でした。

時短
公式サイトはこちら
お得!なトライアルセットはこちら

ミネラルパウダリーファンデーション
トゥヴェール公式サイト:持ち運び便利なミネラルファンデーション固形タイプ


ミネラルファンデーションのコーティングやナノ化について気になる方にはこちらの記事もおすすめです。↓

関連記事

ミネラルファンデーションのコーティングやナノ化について気になる方へミネラルファンデおすすめ5社に問い合わせてみました